• CLUBER BASE
  • kinoshohampu×HOKUTAN
  • kepani
  • kinosho par4
  • OLD'N BOLD
キャディバッグのメンテナンス方法

ゴルフを楽しむ方のなかには、キャディバッグのデザインにもこだわりがある方もいらっしゃると思います。
最近のでは、おしゃれなデザインや高級感、素材にこだわり作っている国産メーカーも多く、キャディバッグも大切なゴルフ用品となりました。またゴルフをより楽しむために、キャディバッグをメンテナンスすることは非常に大切です。
こちらでは、おすすめのメンテナンス方法についてご紹介いたします。

メンテナンス方法

キャディバッグを車のトランクで長期保管はしないでください。
本体生地の色あせ、劣化につながるだけでなく、ゴルフクラブ(特にスチールシャフト内部)や
ゴルフボールの劣化にもつながってしまいます。
プレー後は車のトランクから下していただき、室内での保管をお願いします。

キャディバッグ製品に使用している主な原材料
木の庄帆布オリジナル帆布
ベジタブルタンニングレザー(日本製/イタリア製)

レザーのお手入れ方法

レザーは呼吸をし、生きているため細やかなケアをしてあげてください。
経年変化により自然な色合いとオリジナルな色合いを楽しめます。

  1. 1.汚れをおとす
  2. 乾いた布で表面に付着した汚れ・ほこりをおとす。
    (汚れたままの上からクリームを塗っても、あまり効果はありません。)

  3. 2.クリームを塗る
  4. 綺麗に汚れをおとしたら、別布で革用のクリームを全体にまんべんなく塗り込む。
    均等にクリームを塗り込むようにしてください。

  5. 3.ブラッシング
  6. さらにクリームを製品へ均等に伸ばすためにハンドブラシでやさしくブラッシングをしてあげます。

  7. 4.から拭き

5〜10分ほど直射日光の当たらない風通しの良い場所でクリームを馴染ませた後に
乾いた別の布で表面に残ったクリームをふきとるようにから拭きしてあげます。
最後に、1日ほど陰干しして完成です。

帆布のお手入れ方法

木の庄帆布の帆布生地は、パラフィンコーティング加工をしたオリジナル帆布のため撥水・防汚の機能があるため、できるだけ洗わないでください。
汚れがひどい場合は、手洗いしてください。(洗濯機・クリーニングはお避け下さい。)

  1. 1.手洗い
  2. ブラシやタワシへ中性洗剤(漂白剤・蛍光剤の入っていないもの)を付けて水で洗う。
    汚れが気になる箇所ばかりこすると部分的に色落ちすることがあるため、全体的に同じ力で洗うようにしてください。

  3. 2.すすぐ
  4. 洗濯機・乾燥機の使用は絶対にお避けください。

  5. 3.干す

出来るだけ水気を切ってから、しわを伸ばして風通しの良い日陰に干してください。

帆布の注意点

天然素材のため、お洗濯による多少の縮みは生じます。
湿気の多い場所や、水気のある状態のままではカビが生えることがあります。
長期間ご使用にならない場合は、風通しの良いところへ不織布等の風の通る袋へ入れて保管してください。
濡れた場合は、できるだけ早めにふき取るようにしてください。

高級ドライバーやパターなどのゴルフクラブのメンテナンスと同様に、キャディバッグもメンテナンスをすることで、長く愛用することができます。ぜひ正しいメンテナンス方法を実践してください。