• CLUBER BASE
  • kinoshohampu×HOKUTAN
  • kepani
  • kinosho par4
  • OLD'N BOLD
帆布の歴史

私達の生活の中において「帆布」は、生地としては非常にポピュラーなものではありますが、その歴史などについては、あまり知られていないのではないでしょうか。
その帆布と私達人間には長い結びつきがあり、その歴史は紀元前まで遡るものとなります。下記にて、帆布の歴史についてご紹介させていただきます。

帆布の始まり

平織りで織られた厚手の帆布。その始まりというのは非常に古く、古代エジプトまで遡ります。
当時は亜麻の帆布が作られ、舟の「帆」として使用されていました。
それが、帆布の始まりなのです。

日本における帆布の始まり

日本においての帆布の始まりは、室町時代と言われており、その後、織田信長が帆船に帆布を初めて使用したことがわかっています。国内において現存する帆布は、現在の兵庫県にある高砂市出身の工楽松右衛門が織り上げた帆布が最も古い物となります。
工楽松右衛門は改良や発明が好きな人物であり、貧弱だった帆布を厚手の物にすることに成功します。
それが、主要船舶で使用されることになり、江戸時代における海運業の発展に多大な貢献をすることになります。現在でも工楽松右衛門は、日本の帆布の始祖として崇められています。

近代、そして現代の帆布

明治時代に入ると、その帆布はテントや鉄道貨物のシートをはじめ、職人が使用する道具袋、学生の鞄、牛乳配達袋など、様々な用途に使用される素材として生産されます。
戦時中には、ゲートルや軍服などに帆布が使用されていました。
そして現在でも帆布は広く使用される素材であります。
今では、資材用と衣料用に大別がされており、重布や帆布と呼称されるものは産業資材用として主に使用されています。また防カビや耐久性、防腐の観点から、今日では合繊帆布が主流となっています。

このような歴史の流れから、私達の生活において帆布は欠かせない素材として広く普及しているのです。

バッグドロップモールは通販にて、その帆布を使用したメンズ・レディース、年齢を選ばないバッグを豊富に取り扱っています。 昔ながらの製法にて職人が作り出したバッグは、使用するほどに馴染み、独特の表情へと変化します。そのような味わいあるトートバッグ、ボストンバッグをお探しでしたら、ぜひバッグドロップモールにてお買い求めください。