• CLUBER BASE
  • kinoshohampu×HOKUTAN
  • kepani
  • kinosho par4
  • OLD'N BOLD
キャディバッグを選ぶコツ

ゴルフは、戦前の頃から裕福層の間で広まり、日本でも貴族のスポーツとして定着しました。
当時はお金持ちの趣味や、娯楽としての認識がありましたが、現在では若手プロゴルファーの活躍もあって、ゴルフが身近に感じられるようになりました。
ゴルフゲームや、ゴルフ漫画などの人気からも、ゴルフを始めたいと思っている子供や若者が多いように見受けられます。

そんなゴルフの楽しみは、ウェアや道具でも演出できます。
ゴルフクラブを収めるのに必要なキャディバッグは、今では様々なデザインがあり、個性の演出が可能です。
また、キャディバックの色や模様に合わせてヘッドカバーを変えてみたりすれば、よりおしゃれな印象になります。
ゴルフでは、単純にコースを回りスポーツを楽しむだけではなく、ファッションも楽しめるのです。
そんなキャディバッグには、いくつかの種類があります。
こちらでは、そんなキャディバックを選ぶコツについてご紹介します。

バッグの種類

基本的なタイプは2種類で、「カートタイプ」と「スタンドタイプ」があります。
カートタイプは、容量があり丈夫な作りとなっています。
プロゴルファーの多くも、このタイプを愛用しています。
口枠も大きく、クラブの出し入れがスムーズなことから好まれているのです。
一方、スタンドタイプは持ち運びが便利で、重さによる負担を軽減してくれます。
実用性も高く、キャディバッグを担いでラウンドする方にはおすすめです。

重量

キャディバッグ自体の重さも、選ぶ上では重要なポイントです。
キャディバッグには、クラブやボール、ヘッドカバーやパターカバーなどを仕舞うため、重さが増えてしまいます。
プロモデルを好む方もいらっしゃると思いますが、なるべく軽量で自分が収納する量に合ったサイズの方がプレイに集中できます。
ご自分のプレースタイルと道具に合ったサイズを選び、よりゴルフを楽しんでみてください。

おしゃれなデザインで、高級なキャディバッグは国産メーカーにも多くあり、ゴルフを楽しむだけでなくファッション性を追求したい方にもおすすめです。
バッグドロップモールでは、ハイセンスで洗練されたシンプルながら強烈な存在感を放つデザインのものや、エレガントな雰囲気で、他にはない世界観を演出してくれるデザインのキャディバッグなどを取り扱っております。
kinosho par4は、60から70年代のアメリカを意識したブランドで、ゆったりとした休日にゴルフを楽しみたい方にご覧いただきたいメーカーです。